地方の歯科医師求人の実情

地方では、若者が都市部へ出て行ってしまうことに加え、出産人口が減少しているので、過疎化がどんどん進んでいるのが現状です。
あの手この手でUターンを奨励していますが、遅々として進んでいません。

 

人口減のため、公的医療機関さえ合併などで経営を縮小しているため、その数は減ってきています。歯科医院についても次々と都市部へ移転しているのが現状です。こうして都市部の歯科医院は過剰気味となり、地方では歯科医院が不足するという事態になってしまっています。

 

よって、地方の歯科医の報酬は高く、手当も潤沢です。また自分のペースで働くことも可能となるのも地方の良さです。都会のような派手さはないですが、その分貯蓄もできます。

 

求められる地方で、キャリアを磨いて、開業資金を溜めるというのも選択肢に入れてもいいのではないでしょうか。

都市部の歯科医師

歯科医師免許を取得して都市部で開業を目指すのが夢、という方もおられるでしょう。その夢を現実にしている歯科医師は多くではありませんが、存在しています。

 

都会では歯科医院が増加して、今は淘汰の時期と言われている中、業績がアップしている歯科医院があります。それは歯科医院を開業するための明確な計画を立てることです。10年後に開業するという明確な夢があれば、それに向かって突き進むだけです。

 

いつかは開業したいという夢ではあやふやで、くじけそうになった時に、先に延ばしてしまうので、何年後と決めてしまうことが大切。
その時のためにキャリアを磨くことに専念する。
というのが、成功した歯科医師の経験談です。

 

ここで働きたい、という歯科医院は簡単には見つかりませんが、成功している歯科医院の見学を多くするなどして良い就職先をみつけることが重要です。