注目されている訪問歯科

歯医者さんに行くと壁などに貼られたポスターに、「8020」などの数字を見ることがあります。
厚生省と日本歯科医師会が提唱している「80歳で20本の自分の歯を残し、なんでもよく噛める快適な状態に保とう」というコンセプトで”8020運動”といいます。

 

本来成人の歯は28本、親知らずを含めると32本です。それが、40代になると徐々に減ってゆき、60歳では約20本、80歳になると約8本にまで減ってしまうと言われています。

 

入れ歯では食材の味や食感も極端に味気ないものになってしまします。
特に高齢者には、食材を小さく軟らかくして食卓に乗せることになります。

 

ただお腹に入れるというだけの行為となってしまい、味覚を感じることが少なくなります。そういったことは、脳への刺激も少なくなることから、痴呆の原因のひとつになることもあるのです。
また、栄養という点からも低栄養になる可能性もあります。

 

食形態を向上させることによって栄養改善がされ、日常の色々な動作(ADL)の向上につながります。歯を健康に保つ、高齢になっても自分の歯で物を噛むという行為は健康長寿の秘訣なのです。

 

すでに歯科医の往診を取り入れている歯科医院がありますが、今後益々、歯科医院に通院できないお年寄りや障害者などのための「訪問歯科」の充実が求められるようになると思われます。